【ASLルール知識共有】火線と連続臨機射撃の関係について

 先日ASLを対戦中、火線と連続臨機射撃の関係について議論となった。
 わたしが、火線を引いているユニットは連続臨機射撃をできないと主張したものである。
 その場でルールブックの当該箇所を見つけられたが、情報共有と自身の備忘のため記事化する。

1 内容
 火線を引いているユニットは連続臨機射撃をできない。

2 ルールブック上の根拠
 A9.223の「消滅」の項目に、以下の記述がある。
 
「MGが他の場所への射撃の自由を得るために火線を取り止めることができるのは
 (あるいはそのMGを操作している歩兵が、火線を確立させた後に連続臨機射撃や
 FPFを行えるのは)、TPBF/CC対応射撃という事態が生じた場合(8.312/D7.21)に
 限られる」

3 事例
 実際に対戦中にあった事例で示す。
 
1901_FL and SFF
 
 ヘクス23F9にいる、中機関銃を所有する韓国軍分隊(①)がヘクス23F10に対して臨機射撃をおこなった。その際、ヘクス10W1へ頂点方向ヘクス列の火線を宣言した(②、火線残留火力はヘクス23F10とヘクス10W1に存在している)。その後、北朝鮮軍の6-2-8分隊がヘクス23G10へと進入した(③)。
 火線を引いている韓国軍分隊は、この北朝鮮軍の6-2-8分隊に対して連続臨機射撃をおこなうことができない。ただし、防御射撃フェイズ(DFPh)に最終防御射撃をおこなうことはできる。

4 参考
 ルール引用文は、いずれも"A grove of ASL"に公開されている和訳に依った。
以上
関連記事

コメント

非公開コメント